2023/11/11 (更新日:2023/11/11)

・腰サポーターを使うことが癖にならないか?

ギックリ腰, 腰痛, 腰痛改善

サポーターを長期間使用し続けると、癖になって外せなくなってしまうのではないか、と心配される方は少なくないでしょう。
腰痛がある場合はサポーターが頼りになり、装着することで安心して家事や仕事・運動に取り組むことができるようになります。
しかし、腰痛が改善されれば、サポーターは必要なくなります。
もし腰痛のせいでサポーターが手放せないとすれば、それは腰痛が改善されていないと考えることができます。
腰痛のためにサポーターを長期間使用している場合は、癖になっているのではなく、症状が長期化していると言うサインです。
サポーターをしているからといって痛みを放置せず、医師や接骨院の先生の診療や治療を受けるようにしましょう。

次回の配信では「腰サポーターの選び方」について解説していきますのでお楽しみに。

#骨盤ベルト ペルビス

#インナーサポーター ヨウキヒ

#茅場町 三徳接骨院

腰痛でお困りなら茅場町で18年の実績!
三徳接骨院にご連絡ください。
必ずお力になれます。

平日 8:00~20:00まで受付中
土曜 9:00~15:00まで受付中

 

関連記事

新着記事

お知らせ記事

TOP> > ・腰サポーターを使うことが癖にならないか?

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話でのお問い合わせはコチラ 03-5543-3109