2022/11/07 (更新日:2022/11/07)

【エコノミークラス症候群とは?第1話】

エコノミー症候群

飛行機に乗るときや、災害時によく耳にする「エコノミークラス症候群」。

そもそもエコノミークラス症候群とはどんな病気なのか、なぜ起こるのかをご説明します。

長い間体を動かさずにいると、血液のめぐりが悪くなり、末端から血液を心臓に戻す血管(静脈)に、血の塊(血栓)ができます。
この症状を「深部静脈血栓症」といいます。静脈でできた血栓が末端から移動し、肺に詰まるとエコノミークラス症候群(肺塞栓血栓症)になります。飛行機での長時間の移動や、災害時に狭い車の中で避難するなど、ずっと同じ姿勢でいると、体の血液が滞りエコノミークラス症候群のリスクが高まるといわれています。

次回はエコノミークラス症候群の症状についてお話します。お楽しみに!

腰痛でお困りなら茅場町で16年の実績!
三徳接骨院にご連絡してください。
必ずお力になれます。

平日 8:00~20:00まで受付中
土曜 9:00~15:00まで受付中

関連記事

新着記事

お知らせ記事

TOP> > 【エコノミークラス症候群とは?第1話】

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話でのお問い合わせはコチラ 03-5543-3109